ケアレスミスをしてしまった部下にはどのような社員教育を行えばいいのか?

ある程度のケアレスミスは起こり得ることを伝える

意外に思われるかもしれませんが、評価されている人と評価されていない人のケアレスミスの回数はあまり変わりません。どんなに優秀なビジネスマンでも、ある程度のケアレスミスをするのです。しかしケアレスミスをした後にクローズアップすると、評価されている人と評価されていない人との間には大きな差があります。優秀なビジネスマンはケアレスミスをした後に、気持ちをすぐに切りかえることができるのです。そのため社員教育では数回のケアレスミスは起こり得るものであることを伝えたうえで、その後の気持ちの切りかえ方を教えることが重要になります。ケアレスミスをした後の落ち込んでいる期間が長くなればなるほど、仕事に対するモチベーションも低下していきますからね。

ミスを直視したうえで新しい取り組み方を模索させる

気持ちの切りかえ方を教えるにはまずケアレスミスの内容を直視させ、そこから新しい取り組み方を模索させることがポイントになります。そうすることでケアレスミスを成長の礎(いしずえ)に変えるスキルが身につきます。ミスしたことを反省してもらうために、いつまでも落ち込ませていてはいけないのです。ケアレスミスの内容を直視したうえで新しい取り組み方を模索させる社員教育をしていれば、仕事の壁にぶつかったときも自分なりの乗り越え方を見つけることが習慣化されます。部下のモチベーションの上げ方に悩む上司も多いですが、ケアレスミスをした後に落ち込む期間をできるだけ短くする社員教育をしていれば、仕事に対するモチベーションも自然と上がっていくのです。

社員教育は、社員に対して働いていくうえで必要な知識を企業が提供することを意味する言葉です。その教育は、集合研修をはじめさまざまな方法で行われます。