防犯フィルムで防犯性を高められる理由を解説

防犯フィルムを貼る必要性

防犯フィルムとは、窓ガラスに貼ることで強度を高め、窓を破壊するのにかかる時間を延ばすためのフィルムです。ピッキング対策が進んだために玄関などの出入り口から侵入は難しくなりました。しかし、その代わりに窓からの侵入が主な泥棒の手口となっています。そのため、防犯フィルムによって窓を強化することは、防犯性を高めるのに大いに役立つのです。

防犯フィルムが効果的な理由

防犯フィルムは窓の破壊を完全に防ぐことはできません。それなのになぜ防犯性を高められるのかと言うと、窓の破壊に時間をかけさせて侵入を諦めさせる効果があるからです。泥棒は窓を破壊するのに時間をかけたり、音を大きな音をだしたりするのを嫌います。防犯フィルムで強化した窓を破壊しようとするなら、何度もバットなどで叩きつけなければなりません。大きな音を何度も鳴らしてしまいます。防犯フィルムの装着は、窓の破壊を難しくさせて泥棒を諦めさせる効果が期待できるのです。

防犯フィルムを貼る時の注意点

防犯フィルムを貼る際に注意したいのは、部分貼りでは効果が薄いという点です。防犯フィルムは小さければ費用も少なく済みますし、鍵の部分だけ防御すれば良いと考えるかもしれません。しかし、他の部分は無防備なので、そこから窓を壊されて侵入されるケースは十分に考えられます。防犯フィルムを貼るのなら窓の前面に貼り付けるのがおすすめです。また、防犯フィルムを貼ってからしばらくの間は十分な強度が出ないことにも気をつけましょう。貼る時に使用する施工液は約1か月かけて乾燥しますが、それまでの間は本来の強度が発揮されないので、防犯面で注意するようにしてください。

窓割りによる侵入被害を防ぐための防犯フィルムは安全基準を満たした高品質の物を選ぶことが重要です。また、シワや気泡が生じると防犯性が損なわれるので、専門の技術を持つ作業員に任せる必要があります。